ドライオーガズムを体験するために必要な準備(心と体)

第二段階:心と体の準備 ドライオーガズムを得る方法には様々な方法があるが、もっともスタンダードな方法は、前立腺を刺激する方法である。 前立腺を刺激するためには、肛門から刺激する方法(アナルオナニー)、尿道から刺激する方法(尿道オナニー)、会陰部から刺激する方法(会陰オナニー)、などがあるが、まずは肛門から刺激する方法をお勧めする。尿道から刺激するのは尿道を傷つけるリスクがあり、普通の人では痛みを覚えることの方が多いため、快感を得るのは初心者には難しい。会陰部を刺激して前立腺を間接的に刺激する方法では、快感が弱いため、やはり初心者にはドライオーガズムに達するのは難しいと思われる。 ただし、個人差があるため、会陰部刺激は手軽にできるため一度試してみるのも良いかもしれない。また、稀に乳首を刺激する方法(乳首オナニー)で、ドライオーガズムに達することができる人もいるが、初心者はアナルオナニーと乳首オナニーを併用するのがよい。 アナルオナニーでは、肛門にディルドなどを挿入し前立腺を刺激するため、体調が悪いときは止めた方がよい。
① 肛門内の洗浄 まず、浣腸などで肛門内をきれいにする。指やディルドなどを肛門に挿入した時に、便が付いていたら精神的にげんなりしてしまう。プレイに集中するためにも衛生的にも必ず必要である。浣腸液は30mlや40mlのものが数個あれば十分である。 ② 室温調整 部屋の温度は裸になっても寒くない程度に暖かくしておく。お風呂に入って体を温めておくのもよい。
③ 着替え 次に、女性用下着に着替えたり、ウィッグを付けたり、化粧をしたりして気分を高める。これは、初心者には抵抗があるかもしれないが、ドライオーガズムに達するためには女の子になったような気分になることが結構ポイントだったりもするので、いくらやってもドライオーガズムに達することができない人にはお勧めである。
④ タオルを敷く 環境が整い、気分も高まったら、準備完了。ベッドに横たわり、乳首や肛門を刺激していく。自宅などではベッドを汚さないように、お尻の下にタオルやペットシーツを敷くと良い。
⑤ ローションを塗る 気分が高まってきたら、肛門やアナルに挿入する物にローションを塗る。アナル用のローションが販売されているため、それを利用するか、ワセリンなどでもよい。ワセリンの方が持続性があるが、潤滑性はローションのほうが優れている。おすすめは、シリンジなどを使ってローションを肛門内に注入し、ワセリンを挿入物に塗る方法である。これで持続性と潤滑性の両方を得ることができる。 お尻の穴キレイキレイ お尻の穴キレイキレイ シャワーウォッシャブル シャワーウォッシャブル はじめてのアナル 洗浄ポンプ はじめてのアナル 洗浄ポンプ デラックス・プラスチック・シリンジ デラックス・プラスチック・シリンジ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です